作られ方と活用方法について説明します

スタンド広告

等身大パネルは、文字通り体の大きさと同じくらい大きいパネルボードのことを意味します。近年、このボードを手軽に注文し活用することができるようになってきました。まず、作成の仕方ですが、解像度の高い写真データを用意します。そのデータをUVインクなどの非水溶性で耐久性のあるインクで用紙に印刷をします。それをスチレンボードかダンボール板に貼ります。上からラミネートや塩ビシートでコーティングします。ボードだけでは立たせられないので、裏面にスタンドをつけたりします。さらに、持ち運びや収納を考えて、折りたためるものもあります。この場合は、ジョイント部分が目立たないように透明のアクリル製のものを使用します。結婚式のウェルカムボードや商店の営業用などで活用されています。

費用や人気のあるものについて説明します

等身大パネルは、大きさや板の種類、納期までの期間等により値段が変化します。大きさによる値段は、3辺合計によって決まります。1000円では、120cm以内、15000円では220cm以内、25000円では300cm以内の大きさです。即日納品もありますが、3から5日が一般的です。そりに強い高品質のボードやアルミ複合板などの長持ちするボードも活用されています。等身大パネルは、インパクトのあるメッセージ性や手づくり感、そして新たな技術も加えて、需要が高まってきています。最近では結婚式やパーティーのウェルカムボードとして利用されることが多いです。昔は、商品の宣伝をする有名人のパネルがほとんどでしたから、身近な人がパネルになるとその反響は大きいです。

パネルの活用方法を紹介します

等身大パネルは、写真を紙に印刷し板に貼って作成する案内や宣伝の飾りです。ウェルカムボードのほかに、売り上げを伸ばす宣伝のためやチラシやパンフレットを配布するため、案内や記念撮影をするためなどに使われています。人の目にとまりやすく、宣伝力が強い製作物です。配布のためには、皿を持たせたり、記念撮影のためにはくり抜き部分をつくったりと見るだけではなく他の機能を持たせたものもあります。用途に合わせて自由にカッティングができ、縁どりも設定できます。ネットを通じての簡単な注文もできるようになってきています。大きいほうがインパクトがありますが、最大は120×240までです。二枚をジョイントさせればもっと大きなものが作成できます。商業用、観光用、個人用と用途は様々ですが、人の目を引く大変効果的な造形物であると言えます。3Dプリンターが流行っている時代ですが、2Dならではの良さがつまったものだと考えます。

広告募集中