HOME>アーカイブ>ぱっと見てわかるインパクトの強さと情報の量

見た目が派手だと目立つ

横断幕

運動会の応援や宣伝などで使われることが多い横断幕は、単純ながらかなりの情報量を持っています。特に交通安全習慣などで使われる物は、走っている車からも見えるように大きな文字や記憶に残りやすいデザインをしているので、見た人はその内容を記憶しやすいです。広告としては古くからある横断幕ですが、大きな布を使って自らの意志を伝える行動は昔から行われていました。集団の中で情報を伝達する必要があった時、遠くから見やすいよう派手な色の布を使ったこともあって大きい布を使った広告は伝統的に使われていたわけです。これは見た目の派手さもありますが、丈夫で破損しにくい布を使うことにより、意志を明確に伝えたり特定の場所に布を設置して不特定多数に意志を伝達する働きがありました。

どんなところで使われているか

横断幕

よく横断歩道や歩道橋に交通マナーを守ろうとかシートベルトをしめようと書かれた横断幕がかかっていることがあります。これは歩行者はもちろんのこと、走っている車のドライバーが見えるように大きな文字で書かれ、布自体の面積も相当大きいです。現在はかなり材質も良くなり、多少の雨風では傷まないくらい丈夫な物が作られるようになりました。応援団が特定の部活を応援するために作る物も、特定の場所に設置して使うための物です。

個人的に作ることもできる

横断幕

どちらかというと団体が作る印象が強い横断幕ですが、個人でイベントに使う目的で作る人もいます。現在は専門の業者さんにネットでデザインを送って依頼し、すぐに希望どおりの物が作れます。デザインや色など内容は思い通りになるため、いろいろな目的で作られ、使われているわけです。大きな布は単純ながら広告としての機能は優秀です。材質が良くなった現在の物は外に設置してもあまり手がかからずある程度の期間意思表示をする媒体として非常に優れています。

広告募集中